MENU

船堀南口サザンパーク内科

胃・大腸カメラ/その他の各種検査

胃カメラ(経鼻・経口・麻酔下内視鏡)

『胃カメラはやったこと無いので心配…』、『胃カメラは苦しいって耳にするからやりたくない…』、『以前に胃カメラやって苦しかった…』などなど、胃カメラに対して良くない印象をお持ちの方、案外多いのではないでしょうか?何を隠そう、実は私も数年前まではその一人でした。私は毎日の歯磨きの度に『オエッ』となってしまうほど喉の反射が強く、胃カメラを自分がのむときは、かなり憂鬱だったのです。でも近年、鼻から挿入する内視鏡(経鼻内視鏡)が出来ました。これは従来のカメラに比べ、太さが5.9㎜と細く、柔らかくなったために喉の違和感が非常に少なく、また喉の奥の舌根部(触れるとオエッとなる場所)に触れにくい事から、私の様なタイプの方でも以前に比べて楽に検査を受けることが出来るようになりました。
胃カメラ


経鼻内視鏡の先駆的な施設である出雲中央クリニックで行われた約2000人のアンケート調査では、『約93%の患者さまが次回も経鼻内視鏡を希望された』というデータがあります。しかし、残念ながら喉が狭い方や敏感な方、胃下垂気味の方など、それでも苦しいと感じられる方が少数ですがいらっしゃいます。その様な患者様には静脈麻酔を用いて、点滴をして眠っている間に検査が終わるようにすることもできますので、是非一度ご相談ください。
『胃はバリウム検査の方が楽なのでは、、、』と思われている方もいらっしゃるかもしれません。でも、意外と胃カメラの方が楽なことも多いんですよ。
・検査時間が7-8分と時間が短い
・バリウム検査のように、あっちこっち向かなくても横になっているだけで済むので、ご年配や足が悪い方にとっては体勢が楽
・検査後にバリウムがお尻から出なくてツライといったことがない
・バリウム検査の結果、再検査になると結局胃カメラをすることになるので、二度手間にならない
上記のような良い点が胃カメラにはあります。精度も胃カメラの方が格段に良いわけですし、せっかくでしたら、胃カメラをなさることをお勧めいたします。
最近では、『胃カメラは安全で当たり前の検査』という認識が広がってきており、世田谷区など胃カメラを検診として行う市区町村も増えてきています。

胃カメラの流れ

受付
1.受付
検査当日は朝から食事抜きでご来院下さい(水・お茶のみ可)。
基本的には予約検査ですが、症状などにあわせて当日検査も可能です。混雑具合にもよりますので、時間に余裕をもってご来院ください。
2.診察
病状の聴取と診察、胃カメラの方法と諸注意についての説明をいたします。
前処理
3.前処置
消泡剤の内服と鼻腔または喉どちらかの表面麻酔(3~5分程度)をします。
鎮痛剤などによる静脈麻酔をご希望の方は点滴をいたします。
胃カメラ検査
4.胃カメラ検査
鼻又は口から、胃カメラを挿入します。
検査所要時間は十分によく観察しても6~7分程度です。
検査後
5.検査後
リカバリーソファーでしばらくお休みいただきます。
(静脈麻酔をしていない方は10分前後、静脈麻酔をした方は30~60分程度です。)
6.結果説明
診察室に胃カメラの検査の結果をご説明いたします。(組織検査などを行った場合は、1~2週間後に最終検査結果が出ますので、再診していただく必要があります。)
7.帰宅
検査の内容にもよりますが、15~30分程度で食事がとれ通常の生活が可能です。(組織検査や静脈麻酔をした場合には、多少の制限がございます。)
全体での所要時間は、ご来院から診療終了までおよそ60~90分程度です。

大腸カメラ(日帰りポリープ切除手術)

大腸カメラは胃カメラに比べると、少し準備が必要な検査になります。まず検査の前に2㍑の下剤を飲んで、お腹の中を空っぽにする必要があります。これが意外と飲みにくいようです。しかし、最近は1㍑でも大丈夫な場合もありますので、是非ご相談ください。『大腸カメラは検査時に痛みが強かった』、『検査後にお腹が張ってしまい苦しかった』という声をよく耳にします。当院では、丁寧なカメラ挿入と高度なテクニックにより『正確で安全、お身体に負担の少ない内視鏡検査』を心がけております。通常は15~20分程度で終了する検査ですが、体格や腹部手術歴などにより個人差がとても大きい検査ですので、ご希望に応じて静脈麻酔を用いた検査もいたします。点滴をしながら眠っている間に検査が終わりますので、これまで痛みで大変だった方や便秘がちの方などは是非ご相談ください。また、当院では検査後のお腹の張りを軽減するために、二酸化炭素(炭酸ガス)を使用しておりますので、通常はほぼ違和感なくお帰りいただけると思います。
大腸のポリープ切除に関しましては、日帰り外来手術を行っております。もちろん、ポリープの大きさや形・数などにより、入院での治療や高度先進病院などでの治療の方が良い場合もございます。これまでの多くの経験を踏まえ、的確に判断をいたしますので、ご安心ください。

大腸カメラの流れ

1.受付
大腸カメラご希望の旨と、ご都合の良い日程を受付までお伝えください。
大腸カメラは(月)(火)(木)(金)の14:00~15:00の間に行っております。
検査前日夜から下剤などの内服が必要なため、受付当日の検査は施行できません。
2.診察
病状の聴取と診察をいたします。
大腸カメラの方法とポリープがあった場合の対処法について、諸注意を含め説明し、
検査日時の決定をします。
検査説明
3.検査説明
前日~検査当日の流れについて、わかりやすく検査説明書を用いてご説明いたします。
検査前日夜に服用する下剤をお渡しして、その日は終了となります。
4.検査前日
検査説明書にしたがい、20時までに夕食を済ませ、21時にお渡しした下剤を内服していただきます。
5.検査当日
検査説明書にしたがい、朝・昼の食事はお控えください。(水・お茶の引用は可)
6.前処置
ご自宅または当院内で、午前10時頃から下剤(1~2ℓ)を服用していただきます。1~2時間後から排便が促されます。腸がきれいになり次第(午後1~2時頃)、検査衣にお着替えをしていただきます。静脈麻酔をご希望の方は点滴をいたします。
大腸カメラ検査
7.大腸カメラ検査
午後2時頃から検査開始となります。約15分前後で検査は終了です。(ポリープ切除時は、個数などによりますが、30程度かかる場合もあります。)
8.検査後
検査終了後はリカバリーソファーでお休みいただきます。
(静脈麻酔をしていない方は10分前後、静脈麻酔をした方は30~60分程度です。)
結果説明
9.結果説明
診察室で結果をご説明した後、ご帰宅いただけます。
10.帰宅
検査のみの場合、検査終了後からお食事はお摂りいただけ、通常の生活が可能です。
(組織検査やポリープ切除、静脈麻酔をおこなった場合には、制限がございます。)
全体での所要時間は、前処置終了から診療終了までおよそ60~90分程度です。

その他当院で可能な検査

  • 腹部超音波(エコー)検査
  • 頸動脈超音波(エコー)検査
  • 心電図検査
  • レントゲン検査
  • 骨密度検査
  • 尿検査
  • 院内血糖迅速検査
  • 院内HbA1c迅速検査
  • 溶連菌・マイコプラズマ・アデノウイルス迅速検査
  • インフルエンザ等迅速検査
  • アレルギー検査
  • 各種血液検査
  • 風疹・麻疹・おたふく等抗体検査
  • ピロリ菌検査  など